絶対に失敗しないラーメンマニュアル
*
ホーム > スキンケア > 手をかけ過ぎもよくありません

手をかけ過ぎもよくありません

若い頃は、面倒でもスキンケアに努力するほど、高価な化粧品を使うほど良いと思っていました。でも、使ってみて肌がしっとりツルツルになって満足する化粧品は、かえって数日後に吹き出物が出たりすることに気付きました。

 

メイクをきちんと落とさなけれだいけないと思い、クレンジング、洗顔をしっかりしていたところ、赤くなってしまったこともあります。人間は本来、自分の力で傷などを治そうとする治癒力があります。肌も同じで、自分の力で綺麗にしようとする力があります。

 

もちろんお手入れは大切ですが、やり過ぎるとかえって肌本来の潤いなどを奪ってしまうことになるようです。また、家事をしながらやテレビを見ながら、パソコンをしながら顔の筋肉を動かすのもお勧めです。お金も時間も一切かかりません。

 

大きな口を開けたり、ほっぺを膨らませたりです。顔の筋肉を鍛えることによってシワやほうれい線の対策にもなるし、化粧のりもかなり違ってきます。肌本来の力が動き出し、スキンケア用品の効果も発揮されると思います。

ただし、紫外線対策だけはしっかり手をかけて対策してください。